にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 西武線へ
にほんブログ村 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村
渋谷どらの現実逃避日記 入線Pでした。
西武を中心にごゆるりとどら自身のどーでもいーことが書いてあります。 ニコマスの中でも旅m@sPをやっていました。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トンネルを抜けると、終電客であふれていた。 No.7
2日目その2,


いや、もう帰るだけなんですが、


とりあえず南仙台まで。


IMG_4872.jpg

白石行、


IMG_4878.jpg

南仙台。 これはいつ頃のだろう? いまどきホーロー板なんて。

ここではビデオ中心の撮影をしました。


IMG_4874.jpg

快速 仙台空港 E721-500。 0番台もこれくらいのセンスならなぁ。

仙台に戻ると 小牛田から来たみのりがいました。


IMG_4886.jpg

701系と並ぶ


さて、そろそろ18時になります



IMG_4914.jpg

スーパーひたち66号


IMG_4918.jpg

使い倒した土日きっぷと指定券。


さて、4時間最後の旅です。



IMG_4930.jpg

まぁ あっというまに上野に着いたんですが。 能登に比べたら短いって。



IMG_4942.jpg

はじめて見た終電車表示。


家に着いたのは0時を回ったころでした。


No.7 おわり


いままでの乗車経路

1日目

上野→直江津 急行能登
2333  413

直江津→妙高高原 快速妙高2号
526    605

妙高高原→直江津 普通列車
619     709  

直江津→筒石 普通列車
813 831

筒石→直江津 普通列車 (実際の時刻
950頃 1015頃

直江津→越後湯沢 はくたか7号
1100 1153

越後湯沢→大宮 たにがわ410号
1210 1314

大宮→赤湯 つばさ117号
1334 1538

赤湯→米沢 普通列車
1548 1603

米沢→郡山 つばさ120号
1541 1632

郡山→仙台 やまびこ261号
1757 1833


2日目

仙台→石巻 普通列車
1021 1146

石巻→小牛田 普通列車
1329 1412

小牛田→仙台 普通列車
1452   1537

仙台→南仙台 普通列車
1543  1553

南仙台→仙台 普通列車
1708  1721

仙台→上野 スーパーひたち66号
1816 2236

スポンサーサイト
トンネルを抜けると、終電客であふれていた。 No.6

2日目その1,

時間が余ってたので 名取までとりあえず移動。


IMG_4795.jpg

名取、 仙台~名取は東京近郊のヘタな路線よりは本数あります。
東北線・常磐線・空港線でそれぞれ1~3本ずつ。 朝は5~6分間隔。


IMG_4797.jpg

701系の快速 仙台。 幕車は2連の0番台・1000番台はもうないんじゃないかな?
仙台車特有の4連+2連で運用されていました。

今日は石巻へ向かいます。


IMG_4799.jpg

石巻に進入するキハ48系



IMG_4800.jpg

石巻。 石ノ森章太郎の地だけあって、キャラ入りです。




IMG_4803.jpg

石ノ森萬画館 初来訪です。




IMG_4804.jpg

外観。

中の撮影はできませんでしたが、地元近くにあったトキワ荘の模型がありました。

・・・練馬ももっと売ればいいのに



IMG_4809.jpg

駅舎。 もうなんか染まってます。

石巻線に乗って小牛田まで。 読める?


IMG_4852.jpg

小牛田。

隣のホームに停車していたのは701系でした


IMG_4859.jpg

もうすっかり見慣れた車両。


また、仙台へ戻ります。



No.7に続く・・・・


いままでの乗車経路

2日目

仙台→石巻 普通列車
1021 1146

石巻→小牛田 普通列車
1329 1412

小牛田→仙台 普通列車
1452   1537

トンネルを抜けると、終電客であふれていた。 No.5
1日目その5、

赤湯から普通列車に乗って着いたのは米沢、

ここから、郡山へ行って特急あいづの撮影をします。


IMG_4779.jpg

乗車したのは400系、 数がどんどん減ってます。(郡山駅撮影)




IMG_4781.jpg

郡山。 もうここで降りるのは何度目か。

特急あいづは1743入線、時間はほとんどなく あわてた撮影でした。


IMG_4787.jpg

701系と並ぶ485系。


この後は、宿の仙台まで行きます。



乗車したのはやまびこ261号



IMG_4788.jpg

E2系2000番台。 増備車と初期車でシートの仕様が違うんですね。



IMG_4791.jpg

仙台に着きました。


これにて一日目の旅程は終了です。

No.6に続く・・・



今までの乗車経路

1日目

上野→直江津 急行能登
2333  413

直江津→妙高高原 快速妙高2号
526    605

妙高高原→直江津 普通列車
619     709  

直江津→筒石 普通列車
813 831

筒石→直江津 普通列車 (実際の時刻
950頃 1015頃

直江津→越後湯沢 はくたか7号
1100 1153

越後湯沢→大宮 たにがわ410号
1210 1314

大宮→赤湯 つばさ117号
1334 1538

赤湯→米沢 普通列車
1548 1603

米沢→郡山 つばさ120号
1541 1632

郡山→仙台 やまびこ261号
1757 1833
トンネルを抜けると、終電客であふれていた。 No.4
1日目その4、

越後湯沢から一旦大宮まで戻ります。 そこから赤湯まで。




IMG_4742.jpg

越後湯沢


IMG_4738.jpg

683系初乗車。


新幹線ホームに行くと、こんな電車が停まっていました。



IMG_4745.jpg

200系、たにがわ410号は200系の運用なんですね~



IMG_4750.jpg

ここで一旦昼食、大宮へ戻ります。


大宮から乗車したのはつばさ117号 米坂線を”見るだけ”に。



IMG_4759.jpg

数が増えてるE3系2000番台 ホントは400系に乗りたかった

まずは、719系乗車もかねて



IMG_4764.jpg

赤湯。 温泉? 今回はスルーということで。 足湯がある駅はどこだっけ?
着いたらすぐ福島へトンボ帰り。 

まずは米沢駅へ。

IMG_4773.jpg



IMG_4772.jpg

719系5000番台、 仙台色とはちょっとカラーリングが違うんですね、 赤ではなくオレンジ。


郡山1745発上野行きの特急あいづを見に行くため米沢からつばさ122号に乗車





No.5に続く・・・


今までの乗車経路

上野→直江津 急行能登
2333  413

直江津→妙高高原 快速妙高2号
526    605

妙高高原→直江津 普通列車
619     709  

直江津→筒石 普通列車
813 831

筒石→直江津 普通列車 (実際の時刻
950頃 1015頃

直江津→越後湯沢 はくたか7号
1100 1153

越後湯沢→大宮 たにがわ410号
1210 1314

大宮→赤湯 つばさ117号
1334 1538

赤湯→米沢 普通列車
1548 1603




トンネルを抜けると、終電客であふれていた。 No.3
1日目その3,

目的の419系乗車(455系にも乗りたかったけど)をして、 到着したのは筒石駅でした


IMG_4707.jpg

筒石駅

この駅は秘境駅としても有名らしく、トンネルの中にある駅なんですね。他には、湯檜曽があるかな?


IMG_4708.jpg

こんな駅、日本にいくつあるんだろうか。



IMG_4711.jpg

列車本数がすごいです。



IMG_4713.jpg

駅前は林と山しかない。


IMG_4712.jpg

駅舎を一枚。

ここでは、入場証明書がもらえたり、いまでは珍しい手書きの切符(硬券ですらない)が売ってます。


IMG_4920.jpg

かえりのきっぷを購入(帰路車中で撮影)


帰りの電車は918発、 筒石に着いたのが831なので暇でした。


切符を買うときに駅員氏からこんな一言が。

※記憶あいまいだからそのへん勘弁して

駅員氏「直江津方面電車来ないよ」

どら「えっ」

駅員氏「その一本前の列車が故障して、救援待ちしてる」

どら「えっ」

普通に故障で救援を呼ぶとなると、 後続の車両と連結して推進運転をします。

そのため、列車の速度は25km/h程度に抑えられてしまいます。 所要時間が5倍くらいになるんですね。


駅員氏「親不知で連結したみたい。糸魚川には1時間後かな?」

30分後

指令「529M(筒石918発の列車)糸魚川に到着、そのまま直江津まで運転します。」

駅員氏「ブレーキの故障じゃなくて良かったね」

どうやら発車ができないだけで、ブレーキは生きてたそうでした。

その場合、推進運転でも通常運転並みの速度が出せるんだと。

壊れたのは一本前の525M。 当然後続の特急2本(北越1号とはくたか3号)も遅れてるわけです。

案の定、糸魚川で特急退避を行ったそうです。


で、ここでひとつ問題が。


この後の移動ルートが はくたか5号で越後湯沢へ、その後新幹線で新潟、いなほ5号で坂町、米坂線で~ というルート、 はくたかに乗れなければ米坂線には乗れません。


時刻表をめくると、 529Mの所定が糸魚川で30分弱停車にもかかわらず やっぱり遅れてるわけで、はくたか5号にカマを掘られる。

退避駅である能生で追い越しをするのか、しないのか。



まぁ、結局抜いたわけで 筒石で泣く泣くはくたか5号を見送りました。


これで仙台へアプローチするには大宮ルートしかないわけで、 いったん首都圏に戻ることに(泣



IMG_4920.jpg

直江津で6連の419系 珍しいけれど・・・・うれしくない。


その後、仕方なくはくたか7号で越後湯沢に向かいます

No.4に続く・・・



それと、筒石駅の駅員氏、 待ち時間の話し相手その他ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。